色黒大阪人事が気ままにつぶやくブログ

色黒で大阪人で人事な僕がなんかつぶやきます。

新しい職場に慣れ始めたら、ドラクエの転職って結構リアルだなと感じた話

ようやく新しい職場に慣れてきたなーと思う2月の夜です。

転職って結局何なんだろうなーと思うと、ドラゴンクエスト(以下ドラクエ)の「転職」と同じやん、と感じるところがあったので少し話します。

ドラクエの「転職」

※システムはシリーズによっても異なるので、多少の差異があることをご了承ください。

ドラクエにはいろいろな職業があります。戦士・僧侶・魔法使い・武闘家などなど。

戦士は力が強くて体力は多いけど素早さが遅い。魔法使いは力は弱いけど賢さが高い。みたいにそれぞれの職業に強みと弱みがあります。

ある職業のレベルを上げていくと、途中で転職が出来ます。転職をするとレベルは1からのスタートになりますし、前の職業で使えた呪文や特技も使えなくなります。まさにゼロからのスタート。その一方で、装備品つまり武器や防具の一部は引き継いで使うことが出来ます。(戦士で使っていた防具は武闘家でも使えたりします)

実際転職してみて

色んなものリセットされますね、はい。

私の場合は前職と繋がりある職種でしたが、業界は違います。思っていたよりもリセットされます。正直もう少し活かせる部分多いと思っていましたね、ドラクエで言うなら呪文くらいは忘れずにいられると思っていました。でも忘れました、というか忘れた方がフラットになれるのかもしれません。

引き継げない「呪文」と引き継げる「装備」を見極める

その中でも引き継げるような「装備」をいかに整えるかが大事だったりします。この「呪文」と「装備」の違いって、「自分のパラメータそのものをあげるものかどうか」だと思います。

パラメータつまりベースとなる能力をあげられれば、それは引き継がれるイメージです。小手先の特技や呪文は引き継がれることなく、無力化される感じでしょうか。

パッシブスキルをいかに伸ばすか

そこと関連して話しておきたいのが「パッシブスキル」というもの。

これはドラクエの中の話で、1つの職業をある程度レベル上げしていると「全職業でちからが10アップする」みたいなスキルを手に入れることが出来ます。

このスキルのことを「パッシブスキル」というのですが、まさにパラメータやベースの能力をあげるものです。

これはどの職業についたとしても常に「ちからが10アップする」などの恩恵を得られるんですね。めっちゃ強い。

ある程度その職業を極めることで、結果としてほかでも通じるような「パッシブスキル」が手に入るドラクエの仕様、本当に素晴らしい。そしてめちゃリアル。

これは現実の世界でも同じだと思います。

呪文と装備とパッシブと

僕たちは仕事をしてキャリアや経験を積む中で、レベルアップを感じることが多々あります。

ああ、前よりは出来るようになったな、とか

少しは簡単に片づけられるようになったな、とか

ボスだと思ったけど案外あっさりだったな、とか…。

 

でも、そこで「何が伸びた」のかを考えておくといいのかなと思いますね。

呪文は覚えたけどパラメータは伸びていない、のか

むしろパラメータめっちゃ伸びている、のか。

そのパラメータも、

その職業だから伸びているのか

パッシブスキルを獲得して伸びているのか。

それによってそれから取るべき行動は大きく変わってくるでしょう。

もし、パッシブスキル全く得ずに「成長した!」と思っているのなら、転職をしたときにまたレベル1でスライムを倒してコツコツ経験値をためないといけません

でも、もしパッシブスキルをしっかり得たうえで転職をしたのだとすれば、転職をしてレベルが1になっても、パラメータを多少維持しているため、ある程度強い敵を倒しながら先に進めるのでレベルアップも早いでしょう。

 

久々のブログなので、まとまりがない感じが否めないですが、今の自分の本当のパラメータと、転職をしたときにどういう成長をするのか、を描くのが大事ですね。

そしてそれはほぼほぼドラクエの転職システムと同じ、という話でした。

それではまた。次回は出来るだけ近いうちにー。